アルメリシアで暮らす、イヌ人の少年。ちょっとマイペースでとぼけたところもあったりする。
  だけどもトランペットを手に取れば大人顔負けの演奏力。おばけの"フォル"にみっちり仕込まれたおかげで、基礎はしっかりと身についている。
  
  父親は楽器作りの職人で、母親は王国に仕える旅楽団"ルーチ・タクト"のコンサートマスターを務めている。忙しい母親とは中々会うことができない。なのでポメはいつか自分もルーチ・タクトに入って、母親と一緒にたくさん演奏をしたいと夢見ている。
  ポメにはフォルなどのおばけが見える目を持っているけれども、これがどうして見えるのか、なんでポメがその目を持っているのかは、謎である。
  しかしこの目が、後に大事件に巻き込まれるきっかけとなるのだった……。
Back to Top