通りに風が吹くと、不思議な笛の音がこだまする。通りに並ぶお店の屋根にはそれぞれ、ピカピカの巻き貝のような楽器が吊るされて、風を受けてくるくると回っていた。
聖地巡礼の時だけに作られる、アルメリシアを象った形をした楽器だ。演奏するためのものというよりは飾るためのもので、風を受けると一つ一つが違った音色を出すような仕組みである・・・
Back to Top