Illustration by たけふじ狐
 ———

やがて平地だった街道は、崖へと入っていく。
 右手には高くそびえる崖、左手には遥か下で川が流れている。
「静かだね……」
 時々崖をなでるような向かい風が、ポメたちの横を通り過ぎていく。なんだかとても、自分たちがちっぽけな存在に思えてきた。
「フロッカの時みたいに、回り道もないんだな」
 デデが崖を見下ろしながら言った。激しく流れる川の流れが、かすかに聞こえてくる。
「ま、ここは一本道だから大丈夫よ。フロッカみたいに、迷うことはないわ」
 どしっと構えながら、ロココは言った。
「そういうことじゃ、ないんじゃないか? もし、オロオロさまが来たら……」
 ジェコはそこまで言って、口を閉じた。
 みんな、耳をぴくぴくさせている。しっぽの動きも、おだやかじゃなかった。
 でもそれは、ジェコが言う前からこの雰囲気だった。みんな、オロオロさまのことは忘れていない。
「昼間でも、フロッカみたいに暗いとこなら、出てくるもんね……」
 この道は丁度、崖が日を遮っている。闇に紛れて、ヒトを襲って捕まえにくるオロオロさまが現れるには、十分なスポットだ。
「とにかく、日なたになるとこまで早く行かないとな」
 先頭を切るデデが、ぱちんと手綱を打った。マイマイは相変わらず、マイペースに進んでいる。
Back to Top