Illustration by たけふじ狐
 ———
 
 トリキリデから、少し離れた街道。見上げれば、広がる青空。風の匂いが鼻先をくすぐる。
 町を出発するには、ばっちりの天気だ。
「お別れだね、あの樹とも……」
 マイマイに揺られながら、ポメは振り返る。町ではあまりに大きすぎて見えなかった大樹も、今ではその全貌が見えるほどになっていった。
ポメたちの旅が、また始まった。いつものようにデデやジェコ、ロココと一緒に。
 でも今回は、少し違っていた。
「マニも一緒に来てくれて、にぎやかになるね」
 ゆらりゆらり。ポメと並ぶように、マニも一緒にやってきたのだった。ポメたちがトリキリデを出ると言い出して、マニも一緒に行くことを決めたのだ。
「ふふ、貴方たちと一緒に行けば、探しものが見つかりやすいと思ったからね」
 マニは、あるものを探しに旅を続けている。探しているものが何かは、ポメたちは知らないけれど、人を探しているポメと少し似たものがあった。
「でも本当によかったね、マリエットさんも認めてくれて」
 あの事件が終わって、マリエットとロココは話をしたそうだ。
 どんな話をしたのか、ポメたちは知らない。でもなにか話をして、ポメたちの旅を許してくれたのだった。
Back to Top