Illustration by 竹藤狐
  ———
 
夜中のトリキリデは、どの町よりもいっそう暗い。大樹が夜空を遮ってしまうからだ。
 その分、町の明かりはいつもよりも輝いて見える。
 その明かりに包まれて、飲食通りは夜中も賑やかであった。
「いやぁ~しっかし、嬢ちゃんがまた戻ってくるなんてなぁ!」
 そのとある一軒、酒場の手前にあるテーブルで、二人が酒を飲み交わしている。体の大きな灰色のトリのおじさん、その向かいにいるのは、ロココだった。
「嬢ちゃんってやめてよ。アタシはもうれっきとしたオトナよ?」
 ジョッキを掲げて、ロココは言った。いつもは子どもっぽく見えるその姿も、今では抑え込んでいた大人のオーラがぶんぶんに沸き立たせている。
「俺から言わせりゃあ、まだまだ嬢ちゃんよ」
 男はニカっと微笑んで、酒をくいっと一口飲んだ。
「まぁでも、顔つきは変わったな」
「ふぅん、どう変わったって?」
 じっと睨むような目つきで、ロココは言った。男はぐいっと、顔を近づける。
Back to Top