Illustration by 竹藤狐
大樹を降りた頃には、ずんずんと日が沈んで、夕ご飯時が迫っていた。
「この時間からが、楽しいんだよなぁ!」
 早く帰らないと。ポメはそう思っているのに、カラットの走っていく先は、孤児院とはまるで違う方向だった。
「ちょっと、早く帰らないとご飯に間に合わないよ」
「いいのいいの、ちょっとくらい遅れたって、おばさんは待ってくれるんだもん」
「もう……」
 放っておくわけにも、いかない。ポメもカラットのあとをついていった。
「早く帰らないとさぁ……おばけが出るかもしれないよ?」
 ピタリ。ポメがそう言うと、カラットの足が止まった。
 なんだろう。ポメが首をかしげると、手をがたがたとさせて、カラットはゆっくりと振り返った。
「お、おばけなんか……こ、怖くねぇよ!」
 震えた大声が、響き渡る。カラットは踵を返して、土を蹴り上げるように走っていった。
「なるほどナ……あいつの弱点、やっと分かったナ」
「なんか、怖いもの知らずって感じだったけど……」
 ポメはふぅと息をついて、ゆっくりと歩き出した。
「やっぱり子どもっぽいとこはあるね」
「お前も十分、オレ様から見たらガキだけどな」
Back to Top