Illustration by 竹藤狐
「にしてもあのジェコってやつはよォ」
 ポメたちが噴水へ向かって進んでいるさ中、フォルは眉をひそめてポメに話しかけた。フォルがこんな顔をする時、だいたいめんどくさい話なのだとポメは知っていた。
「明るいヤツなんだか暗いヤツなんだか、よく分からないナ」
「そうかなぁ。明るいようにしか見えなかったけど」
「そりゃあお前、表面しか見てないだロ。ああいうのはナ、色々と悩みを抱えてるのサ」
「ふーん……そういうもんなんだ」
・・・
Back to Top